• 化粧水に含まれているビタミンC誘導体とは

    化粧水は洗顔後、最初に付けるのが基本のアイテムです。


    そのため保湿成分だけではなく、肌の悩みにアプローチが期待できる成分も多く含まれています。

    その成分のひとつとして最近、注目を集めているのがビタミンC誘導体です。


    ビタミンCはもともと化粧水をはじめとしたスキンケア製品に配合されていることが多かった成分です。
    これは、この成分には肌細胞を傷つけ、機能低下による老化などを引き起こす活性酸素に対抗する力である抗酸化作用が備わっているためであり、加えて保湿やコラーゲンの生成に対しても作用が期待できるためです。

    ビタミンCの化粧水情報に精通したサイトです。

    ただしそうした作用がある半面、成分として非常に刺激が強いため使用する人の肌質を選ぶ、そしてとても壊れやすいので肌に浸透しにくいと言う難点もありました。



    そこでそうした弱点をクリアし、低刺激でかつ肌に浸透してからはじめてその作用を発揮することを目標に開発され、誕生したのがビタミンC誘導体です。
    ビタミンC誘導体には水溶性、脂溶性、そして両方の性質を兼ね備えたタイプがあります。
    この内、化粧水に含まれることが多いのは水溶性のタイプです。
    ただしこのタイプは効果と言う点においては、それほど高いものは期待できないと言われています。



    そのため効果重視で選ぶのであれば、混合性のタイプのものがベストです。混合性タイプのビタミンC誘導体は、成分名としてはAPPS、アプレシエと呼ばれています。


    特に浸透力に対しては非常に高いものがあるので、化粧水の浸透が格段にアップすることに対しても効果が期待できます。